【イベント】護衛艦ひゅうが一般公開・門司港|海上自衛隊

2018年は、5月20日に「護衛艦かが」が大阪天保山で一般公開されたが、今度は九州の門司で、ビッグイベントである。

「かが」の兄貴分ともいうべき「護衛艦ひゅうが」の一般公開だ。

(画像提供:自衛隊福岡地方協力本部

護衛艦ひゅうがは、第二次世界大戦中に航空戦艦として改装された「日向」の名を受け継ぐ、2代目の艦ということになる。

全通甲板を持ち、また海自史上初となる女性乗組員が配置されるなど、非常に画期的な技術と運用が取り入れられた先進的な艦であり、まさに航空戦艦「ひゅうが」の名を受け継ぐ存在としてふさわしい船だ。

ぜひ、九州近辺の護衛艦ファンは一人でも多く足を運んで欲しい。

そして、その気になる一般公開要領は以下のようになっている。

【公開日】
2018年6月2日(土)

【時間】
9:00~16:00(受付終了15:00)

【場所】
門司港西海岸2号岸壁

【最寄り駅】
鹿児島本線門司港駅

【事前申し込み】
不要、当日現地まで

なお、その「ひゅうが」だが、基準排水量は実に14000トン。

弟分であるいずも型護衛艦が就役するまで、海自の護衛艦として最大級を誇ったその巨艦の勇姿には、きっと圧倒されることだろう。

見上げればビルのようであり、甲板から見下ろせば、まるでマンションから地上を見下ろすほどの高低差がある。

しかし、その大きさに驚いたときには、もっと驚いて欲しいことがある。

第二次世界大戦中に運用されていた初代日向の排水量は、なんと39000万トン。

つまり、護衛艦ひゅうがの3倍だ。

さらにいうと、戦艦大和は更に大きい、基準排水量64000トンである。

当日、ひゅうがの大きさに驚いたら、戦艦大和はその4.5倍の大きさを誇った事実に驚き、ぜひ一緒に足を運んでいる家族や友人に教えてあげて欲しい。

きっと驚かれることだろう。

次に、そのひゅうがを動かすクルーについてだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする