ブルーインパルス展示飛行|第70回静岡清水みなと祭り

ブルーインパルスの青い翼が静岡県清水市の上空を舞い、お祭りを最高に盛り上げてくれる。

第70回清水みなと祭りだ。

日時は8月5日土曜日の13時以降が予行飛行で、8月6日の日曜日13時以降が展示飛行本番だ。

今のところまだ詳細な時間は発表されていないが、おそらく大きくずれることはないだろう。

しかもこのお祭り、ブルーインパルスに印象を持って行かれてしまっているが他の内容もかなり豪華だ。

ブルーインパルスの露払いとして、T-7初等練習機の展示飛行とT-4中等練習機の展示飛行も予定されているのだが、日時はそれぞれ、

8/6(日)12:00~12:15

8/6(日)12:15~12:30

となっており、通常のブルーインパルスだけの展示飛行に比べ、かなり楽しめる内容になっている。

さらにこれだけではない。

海辺のお祭りなので、もちろん海上自衛隊もやってきて、自衛隊ファンを楽しませてくれる。

護衛艦むらさめ:自衛隊静岡地方協力本部のWebサイトより、ルールに従い転載。

http://www.mod.go.jp/pco/sizuoka/kouhou/2017simizuoubo.html

お祭りに登場するのは護衛艦むらさめで、今回は一般公開ではなく特別公開だ。

特別公開の日時は平成29年8月4日(金)。

時間は15時から1時間ほどとかなり限られている。

むらさめは基準排水量4500トンクラスで、汎用の護衛艦としてはやや大きい部類に入る。

このクラスの自衛艦艇の中では我が国を代表する1隻だ。

特別公開とは普段見ることが出来ない艦橋や生活空間を見学できるイベントのことで、艦橋はともかく、曹士が寝起きするかなり窮屈なベッドルームなどを見るときっと驚くに違いない。

3段ベッドでプライバシー等全くない生活空間で過ごし、我が国の国防に人生をかけて従事している自衛官たちの生活を感じ取ってもらえれば幸いだ。

なお特別公開は残念ながら、当日飛び込みでは参加することが出来ない。

2017年7月25日締切で、インターネットからの応募のみで、参加者を募集している。

定員は90名で、応募者多数の場合は抽選になる。

その他詳しくはこちらのWebサイトから確認し、なるべく早く応募したほうが良さそうだ。

その他地上展示物もたくさんあるので、東海地方の自衛隊ファンであれば、第70回清水みなと祭りにはぜひ足を運んでみよう。

【イベントデータ】

名称:ブルーインパルス展示飛行など 

開催場所:第70回清水みなと祭り   

所在地:清水港日の出埠頭      

日時:本文参照           

開催時間:本文参照         

問合せ先:054-261-3151(静岡地本) 

料金:無料            

駐車場:無し           

Web:静岡地本Webサイト      

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする