谷口慎(第51普通科連隊長・1等陸佐)|第41期・陸上自衛隊

谷口慎は昭和49年生まれの陸上自衛官。

防衛大学校第41期の卒業で幹候78期、職種は普通科だ。

平成30年8月(2018年8月) 第51普通科連隊長・1等陸佐

前職は教育訓練研究本部付(統合高級課程)であった。


(画像提供:陸上自衛隊第15旅団公式Webサイト


(画像提供:陸上自衛隊第15旅団公式Webサイト

2018年8月現在、沖縄那覇の第15旅団隷下、第51普通科連隊長を務める谷口だ。

これまで多くの幹部自衛官をご紹介してきたが、防衛大学校41期の幹部自衛官は、陸海空を通じて谷口が最初の一人となる。

つまり、じんわりじわじわと、世代交代が進んでいるわけだが、そのうち女性の普通科連隊長をご紹介する時が来るのかもしれない。

さてその谷口だが、この記事をポストしている2018年8月の1ヶ月前、2018年7月に、高級幹部の教育課程である統合高級課程に在る時に1等陸佐に昇任したばかりだ。

そして、1佐昇任後の最初のポストがこの、国防の最前線であり、我が国の命運を左右すると言っても良い第51普通科連隊ということになった。

第51普通科連隊は、沖縄という地域の特性上、やはり一般の普通科連隊とはその構成も想定も大きく異なる。

端的にいうと、その警備対象地域が多くの離島で構成されるために、水上機動・空中機動の双方に通じていなければならない。

そのため、その幹部はもちろん曹士に至るまでが、空中機動に練達している唯一の普通科連隊となっている。

また離島に強行上陸してくる敵性勢力の阻止、それに強行上陸を果たした敵性勢力の初期排除がその任務のために、軽武装で高機動力の部隊編成となっており、また大火力を用いた正面戦闘ではなく、少数精鋭による敵性勢力の制圧を目的とする。

そのため、普通科連隊ではあるが、特殊部隊に求められるような個々人の高い能力に加え、あらゆる事態に対応できる幅広い部隊対応能力も求められる。

まさに今、我が国の防衛に必要なあらゆるものが詰まっている、精鋭中の精鋭部隊であると言えるだろう。


(画像提供:陸上自衛隊第15旅団公式Webサイト

ところで第51普通科連隊は、2018年2月から、「水陸両用基本訓練課程」の教育を担当している。

その内容は、ボートに見立てた200kgの重量物をチームで抱え疾走するなど、1秒を争う離島防衛の為に必要となるあらゆる訓練だが、言うまでもなくその内容は極めて過酷だ。

そして、上記の画像である。

その訓練過程にあった学生のために、第15旅団所属のWACさんたちが、サプライズのバレンタインチョコを差し入れた時のものだ。

よく見たら、画面の中央で子供みたいに手を上げてはしゃいでいる隊員がいる笑

しかしそれ以上に驚くのは・・・WACさんの体格であろうか。

なんというか、彼女たちを本気で怒らせたら1秒で泣きそうになる自信がある。

正面はもちろん、後ろ姿でもわかるほどに鍛え抜かれた体格の良さに、この国防の最前線を守る部隊の頼もしさを垣間見る思いだ。

さて、そんな精鋭中の精鋭である第51普通科連隊だ。

その連隊長を任された谷口とは一体どんなキャリアを歩んできた幹部なのか。

少し詳細に見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のりまき より:

    記事ありがとうございます。41期が一等陸佐に昇任するのはかなり早いですね。10期以上の人でさえまだ一佐の人もいるくらいなのでたぶん、1選抜じゃないでしょうか。となると2023年辺りで陸将補になる可能性もありますね。
    それはそうと、経歴を見ると部隊指揮官が特に多いように思えますね。しかも今なっている第51普通科連隊長の前が統合高級課程の学生とあって相当優秀な成績で修了していないと任せられないと想像できます。ただ部隊本部の勤務はともかく陸幕の勤務が少ないのが気がかりですね。最高幹部になっている人は陸幕の班員や班長勤務を勤めて連隊長とかになっているのでこれからいったん部隊勤務から陸幕勤務も増えてくるんじゃないかと思います。

    • ytamon より:

      のりまき様コメントありがとうございます。
      41期の1選抜1佐は平成28年1月でしたので、意外にも、谷口1佐は特に早いというわけではないようです。
      正直私も、これだけのポストをいきなり任された方なので、意外でした。
      逆に言うと、現場指揮能力の高さが、それほどまでに際立っている幹部ということなのかもしれませんね。

      • のりまき より:

        コメントありがとうございます。28年の1月が1選抜だったのですか。じゃ、おっしゃる通り特に早いってわけじゃないですね。後、もう一つ気になったのですが、15年3月に第14普通科連隊連隊本部の運幹を務めて18年3月に富士学校レンジャー教官となっていますが、この間異動がなければ14普連の運幹時代の連隊長って8月で退役した山之上当時一等陸佐じゃないですか?なんともすごい巡り会わせですね。

        • ytamon より:

          のりまきさんこんにちは。
          おぉ、本当ですね!
          入隊6年目の若かった頃に、山之上連隊長に鍛えられたんですね~
          羨ましい(^u^)