杉山利行(すぎやま・としゆき)|第29期・陸上自衛隊

杉山利行は昭和36年9月23日生まれ、埼玉県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第29期の卒業で幹候66期、出身職種は普通科だ。

平成29年8月(2017年8月) 第1師団副師団長兼ねて練馬駐屯地司令・陸将補

前職は自衛隊愛知地方協力本部長であった。

なお、自衛隊愛知地方協力本部長であった時の指導方針は以下の通り。

【本部長要望事項】

「明るく 前向きに 粘り強く」


(画像提供:陸上自衛隊第1師団公式Webサイト

2018年6月現在、第1師団副師団長兼ねて練馬駐屯地司令を務める杉山だ。

第1師団は日本陸軍以来の伝統で「頭号師団」と称される、首都東京の防衛を担当する非常に名誉ある師団であり、いうまでもなくその副師団長職も非常に名誉ある補職になる。

杉山は2017年8月に陸将補に昇任し、最初の補職でこのポストに着任した。兼ねて練馬駐屯地司令も務める。

日露戦争以来の普通科の精鋭・第39普通科連隊(弘前)でその初級幹部時代を過ごし、対ロシア戦闘の西の要である留萌の第26普通科連隊で中隊長を務めるなど、その普通科幹部としてのキャリアは非常に充実している。

なおその杉山の前職は愛知地方協力本部長。

地方協力本部長は、平時における自衛隊の最前線とも言うべき補職で、自衛官の採用から退職後の第二の人生のサポート、さらに自衛隊が積み上げた様々な知見の提供を通じて地域貢献を行うなど、非常に幅広い職務を行う。

ちなみに管理人の息子は高校生だが、自衛隊への就職を強く勧めている。

そして某地方協力本部を通じ、いくつかの行事に参加させているが、採用担当の方の営業努力は本当に凄い。

自衛官候補生の充足率は相当低調になっている昨今、そのプレッシャーも相当なモノなのかも知れない。

まさか土日もメール攻勢をしてくるとは思わなかった・・・

なお、父親がこんなサイトをやっているとバレたら、もし息子が自衛官になった時に部隊長から何をされるかわからないので、内緒にしている。

今後も内緒にして、一生バラすことはないだろう。

次に、杉山の詳細なキャリアと、同期である29期の動向について見ていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする