【イベント】護衛艦かが一般公開2018|大阪湾・天保山岸壁

海上自衛隊が誇る、日本最大にして最新のヘリ搭載型護衛艦「かが」(DDH-184)が2018年5月20日(日)、大阪天保山の岸壁で一般公開される。

一般にヘリ空母と呼ばれることもあり、F-35戦闘機の艦載型機を搭載する構想が検討されるなど、今もっともアツい海自の護衛艦だ。

「かが」は2017年3月に就役したばかりの、「いずも型」護衛艦の2番艦で、文字通り海上自衛隊の最新鋭の護衛艦だ。

基準排水量は19500トンと、就役から第2次世界大戦まで大活躍をした空母「加賀」40000トンの約半分ということになる。

おそらく初めて「かが」を見る人は、その海に浮かぶビルのように巨大な護衛艦に驚くと思うが、先代の「加賀」は、この倍の大きさであったことを知ると、日本が戦争中に運用していた空母の巨大さが改めてわかるのではないだろうか。

ちなみに、戦艦大和は更に大きい、基準排水量64000トンである。

一般公開当日、護衛艦「かが」の大きさに驚き感動したらぜひ、空母「加賀」はその2倍であり、戦艦大和はその3倍もあったことを、一緒に出かけている家族や友達に教えてあげて欲しい。

きっと驚かれることだろう。

さてここからは、一般公開当日の案内だ。

護衛艦「かが」の一般公開要領は以下の通りになっている。

【公開日】
2018年5月20日(日)

【時間】
9:00~16:00(15時受付終了)

【場所】
大阪天保山岸壁

【最寄り駅】
大阪メトロ大阪港駅1番出入り口(徒歩5分)
大阪シティバス天保山ハーバービレッジ(徒歩1分)

【事前申し込み】
不要、当日現地まで

となっている。

また、当日悪天候や災害などが発生した場合には中止になることもあるので、十分に注意して欲しい。

なお護衛艦の見学が初めての人であれば、あるいは初めてではなくとも、やはり「かが」は海上自衛隊が誇る最新鋭の護衛艦であり、その見学には多くの注意事項がある。

以下の内容をよく読み、必ず厳守して一般公開を楽しんで欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする