武田敏裕(たけだ・としひろ)|第35期・富士学校機甲科部長

Pocket

その武田が陸上自衛隊に入隊したのは平成3年3月。

1等陸佐に昇ったのが22年1月なので、35期1選抜前期(1番乗り)となるスピード出世だ。

1佐では、陸幕で運用支援や教育の要職を歴任する傍ら、現場では機甲師団・第7師団隷下の第71戦車連隊で連隊長に着任。

機甲科の幹部として、もっとも誇り高い連隊の一つを預かる要職を務めた。

なお、その武田は35期の幹部だ。

35期組は最初の陸将補が2017年夏の将官人事で選抜されたばかりの年次であり、2018年7月現在では、以下の幹部たちがその任にあたっている。

 

井土川一友(第35期)・北部方面総監部幕僚副長(2016年7月)

上田和幹(第35期)・需品学校長兼ねて松戸駐屯地司令(2016年7月)

遠藤充(第35期)・第3施設団長(2016年7月)

戒田重雄(第35期)・第1空挺団長兼ねて習志野駐屯地司令(2016年7月)

坂本雄一(第35期)・中部方面総監部幕僚副長(2017年3月)

武田敏裕(第35期)・富士学校機甲科部長(2017年8月)

青木誠(第35期)・陸上幕僚監部監察官(2017年8月)

※肩書は全て2019年5月現在。( )は陸将補昇任時期。

※2018年夏以降の将官人事で昇任した将補について、年次未確認のために追記する可能性あり。

 

以上にような状況になっており、まずは井戸川、上田、遠藤、戒田の4名が頭一つ抜けている形だが、この7名については恐らく、陸将まで昇り要職を歴任していく最高幹部となるだろう。

年齢で言うと、35期はまだ、ストレートであれば2018年度で50歳を迎えることになる年次だ。

そのため、2020年代後半にかけてまさにこれから、日本の平和と安全を中枢で担っていく世代である。

 

将官としての活躍はまさにこれからであり、今後も目を離さずに追っていき、そして応援したい。

 

※文中、自衛官および関係者の敬称略。

◆武田敏裕(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
3年3月 陸上自衛隊入隊(第35期)
14年1月 3等陸佐
17年7月 2等陸佐
22年1月 統合幕僚監部運用第1課 1等陸佐
22年3月 幹部学校付
23年3月 幹部学校教官
23年8月 陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課運用支援第1班長
25年8月 第71戦車連隊長
26年8月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練計画課長
28年7月 東部方面総監部防衛部長
29年8月 富士学校機甲科部長 陸将補
30年3月 兼ねて諸職種協同副センター長

Pocket

コメントを残す