津田昌隆(つだ・まさたか)|第31期・航空自衛隊

津田昌隆は昭和38年(度)生まれ、東京都出身の航空自衛官。

防衛大学校第31期の卒業で幹候77期、出身職種は飛行だ。

平成30年3月(2018年3月) 第1航空団司令兼ねて浜松基地司令・空将補

前職は航空支援集団司令部防衛部長であった。

なお、座右の銘は「不言実行」である。

2018年3月の将官人事で空将補に昇り、第1航空団司令兼ねて浜松基地司令に着任した津田だ。

平成25年8月から27年4月まで務めていた警戒航空隊司令のポスト以来、3年ぶりの浜松基地勤務と言うことになる。

津田は幼少の頃、同様に航空自衛官だった父親の異動に伴い、小学校の頃に浜松市で過ごしていたこともあり、浅からぬ縁がある土地であり、基地であると言えるかも知れない。

その津田だが、パイロットとしての初任地が平成2年4月、築城に所在する第8航空団であったことから、F-1戦闘機のパイロットということになりそうだ。

また平成16年4月には第3航空団飛行群第3飛行隊長を務めていることから、いずれかのタイミングでF-2戦闘機に機種転換をした上で、パイロットとして活躍したキャリアということになる。

そして、早期警戒管制機E-767や早期警戒機E-2Cを擁する警戒航空隊司令、航空支援集団司令部防衛部長を歴任し、2018年3月に空将補に昇任。

第1航空団司令兼ねて浜松基地司令に着任し、その名前通り、航空自衛隊発祥の地において、後進の育成を中心とした任務にあたることになった。

さて次に、津田を含めた31期組の人事の動向について見てみたい。

31期組は2012年7月に、1選抜での空将補を出している世代であり、2018年夏の将官人事で最初の空将補が選抜される年次にあたる。

そのため、2018年3月現在では空将補が出世頭ということになるが、以下の幹部たちがその任に当たっている状況だ。

引田淳(第31期)・西部航空方面隊副司令官(2011年6月)

内倉浩昭(第31期)・航空幕僚監部防衛部長(2012年7月)

森川龍介(第31期)・航空教育集団幕僚長(2012年7月)

荒木哲哉(第31期)・航空幕僚監部総務部長(2013年8月)

西谷浩一(第31期)・航空支援集団副司令官(2013年8月)

後藤雅人(第31期)・防衛装備庁プロジェクト管理部プロジェクト管理総括官(2013年12月)

秋山圭太郎(第31期)・第5術科学校長(2016年7月)

石村尚久(第31期)・第4術科学校長(2017年12月)

津田昌隆(第31期)・第1航空団司令兼ねて浜松基地司令(2018年3月)

※肩書はいずれも2018年4月現在。( )内は空将補昇任時期

※引田の空将補昇任は、米国防衛駐在官に赴任する前のタイミングであったため、通常の1選抜よりも1年1ヶ月早い。

※2018年3月の昇任人事で将官に昇った幹部について、別に追記する可能性あり。

以上のような状況になっており、まずは引田、内倉、森田に加え、荒木と西谷も、空将補昇任後の期間を考えると、1選抜で空将に昇る可能性がある最高幹部と言えそうだ。

津田については、1等空佐としての豊富な現場経験で培った、地に足がついた極めて堅実な指揮統率力で後進の教育にあたっていくことになり、さらに活躍の場を広げていくことになるだろう。

まずはこの浜松での活躍がとても楽しみであり、2018年の航空祭も楽しみに、足を運ぶようにしたい。

2020年代前半にかけ、我が国の空の安全を中心になって守っていく31期組世代である。

その活躍には注目をし、そして応援して行きたい。

◆津田昌隆(航空自衛隊) 主要経歴

昭和
62年4月 航空自衛隊入隊(第31期)

平成
2年4月 第8航空団(大分県・築城基地)
6年5月 飛行開発実験団(岐阜県・岐阜基地)
12年3月 西部航空方面隊司令部(福岡県・春日基地)
14年8月 第3航空団司令部防衛班長(青森県・三沢基地)
16年4月 第3航空団飛行群第3飛行隊長(青森県・三沢基地)
17年8月 航空幕僚監部防衛部運用課(東京都・市ヶ谷基地)
19年8月 統合幕僚監部防衛計画部計画課計画班長東京都・市ヶ谷基地)
20年6月 北部航空方面隊司令部防衛部長(青森県・三沢基地)
23年7月 航空幕僚監部監察官(東京都・市ヶ谷基地)
25年8月 警戒航空隊司令(静岡県・浜松基地)
27年4月 航空支援集団司令部防衛部長(東京都・府中基地)
30年3月 第1航空団司令兼ねて浜松基地司令(静岡県・浜松) 空将補

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省航空自衛隊 浜松基地公式Webサイト(プロフィール画像、イベント写真他)

http://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/kichishirei/index.html

http://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする