髙田祐一(富士学校長・陸将)|第30期・陸上自衛隊

(2/2ページ)

その髙田が陸上自衛隊に入隊したのは昭和61年3月。

1等陸佐、陸将補、陸将に昇ったのはそれぞれ平成17年1月、23年8月、29年8月なので、先述のようにその全てで、30期組1選抜(1番乗り)での昇任となっている。


(画像提供:陸上自衛隊富士学校公式Webサイト 岳友30年8月21日号外)

その連隊長ポストは、長崎県大村市の大村駐屯地に所在する第16普通科連隊。

国防の最前線である第4師団隷下にあり、オスプレイの運用候補地である長崎空港が目と鼻の先にある部隊だ。

さらに師団長ポストはその第4師団であり、我が国の国防の最前線である西方(西部方面隊)で、要職を歴任してきた。

しかし特筆するべきは、その第4師団長に先立って陸将補時代に着任した、第4施設団長のポストであろうか。

第4施設団はもちろん、施設科の部隊なので原則として施設科出身の陸将補が就くことが多い。

しかし陸自ではたまに、機甲科、施設科、普通科出身などそれぞれの幹部が、別の職種の司令官に着任する異動が散見される。

多くの場合は、その幹部の将来像を見据えた上での他職種での知見を積む補職となることが多いが、髙田の場合もまさにそういうことだったのだろう。

普通科出身の幹部でありながら施設科部隊も率いた経験を持ち合わせ、さらに普通科、機甲科、特科の諸職種共同での戦闘をプランニングする富士学校長に着任したことになる。

これほどまでに視野が広く、また全軍を統括するにふさわしい幹部も、近年稀であると言ってよいだろう。

これが、髙田がおそらく次の次の陸上幕僚長有力候補になっていくという、大きくは2つの目の根拠だ。

早い段階から、そのポジションを企図して中央では、異動をプランニングしていたとすら思えてならない。

なお余談だが、その第4施設団。

陸自にはいくつか、将来、方面総監以上に昇るようなエリートが着任することが多いポストが存在するが、第4施設団もその一つだ。

現役では、第4施設団長を務めた幹部には以下のような顔ぶれがある。

第26代 山崎幸二(第27期) 陸上幕僚長・陸上幕僚長たる陸将

第27代 岩谷要(第28期) 教育訓練研究本部長・陸将

第28代 小野塚貴之(第30期) 陸上幕僚副長・陸将

第29代 髙田祐一(第30期) 富士学校長・陸将

第30代 小林弘樹(第34期) 統合幕僚監部運用部副部長・陸将補

※肩書はいずれも、2018年9月現在。

以上のようになっており、まさに出世の登竜門と言うにふさわしい幹部たちの通過点となっている。

髙田はその第4施設団長に、普通科出身の幹部でありながら着任するなど、陸自内外の非常に大きな期待を背負っていたことが窺える補職になったと言ってよいだろう。

では最後に、その髙田と同期である30期組の人事の動向について簡単に見ておきたい。

30期組は2017年夏の将官人事で1選抜の陸将が昇任しており、髙田もその一人だ。

そして2018年9月現在、その30期組の陸将には以下のような顔ぶれがある。

髙田祐一(第30期)・富士学校長(普通科出身・2017年8月)

野澤真(第30期)・第2師団長(野戦特科出身・2017年8月)

小野塚貴之(第30期)・陸上幕僚副長(施設課出身・2017年8月)

吉田圭秀(第30期相当)・第8師団長(普通科出身・2017年8月)

田中重伸(第30期)・第3師団長(航空科出身・2017年12月)

※肩書はいずれも2018年9月現在。( )は陸将昇任時期。

以上のようになっており、通常であれば師団長の後職には、同期の中から2~3名が、統合幕僚副長、陸上幕僚副長、防衛大学校幹事に昇るのが通例だが、これらポストは前後の期や海空との兼ね合いにもなる。

そのため2018年の異動では、師団長の後職に髙田と小野塚が1歩先んじた形になっているが、それでもまだまだ、人事の動向は見通せない。

また今後は、これらポストに加えおそらく富士学校長も、陸上幕僚長に昇るものが師団長の後職として着任するポストになるだろう。

その辺りの人事の運用変化にも、注目をして貰えれば幸いだ。

以上のような事もあり、今後の動向に非常な注目が集まる髙田だ。

部下の面倒見の良さと併せ、器の大きな幹部としても知られており、今後もさらに要職を重ねていくことになるだろう。

今一番の注目幹部として、その活躍からは目を離さず、そして応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。


(画像提供:陸上自衛隊富士学校公式Webサイト

◆髙田祐一(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
61年3月 陸上自衛隊入隊(第30期)

平成
9年1月 3等陸佐
12年7月 2等陸佐
17年1月 1等陸佐
17年3月 幹部学校付
18年3月 陸上自衛隊幹部学校学校教官
18年8月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練課教育班長
19年7月 第16普通科連隊長
21年12月 陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課長
23年8月 陸将補
24年1月 東北方面総監部幕僚副長
26年3月 第4施設団長
27年8月 東部方面総監部幕僚長
29年8月 第4師団長 陸将
30年8月 陸上自衛隊富士学校長兼ねて富士駐屯地司令

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする