小峯雅登(こみね・まさと)|第33期相当・海上自衛隊

小峯雅登は昭和40年7月31日生まれ、福岡県北九州市出身の海上自衛官。

宮崎大学を昭和63年に卒業し、翌年の平成元年に海上自衛隊に入隊しているので、第33期相当の幹候40期ということになる。

出身職種はP-3C哨戒機搭乗の戦術航空士だ。

平成28年3月(2016年3月) 第39代第2航空群司令・海将補。

前職は第4航空群司令部首席幕僚であった。

なお、第2航空群司令としての指導方針は以下の通り。

【統 率 方 針】

「勝ち残る」

「おもいやり」

2018年3月現在、八戸に所在する第2航空群で指揮を執る小峯だ。

第2航空群は固定翼哨戒機を運用する部隊であり、P-3C哨戒機を用い、対艦・対潜哨戒業務を主任務とする。

海自航空部隊は近年、国際貢献活動における活躍が著しいが、第2航空群も平成22年から第3次派遣海賊対処部隊としてアフリカのジブチにP-3C哨戒機2機を派遣。

ジブチ共和国のジブチ国際空港を拠点とし、無法な行為を繰り返す海賊を発見・補足して近傍の艦艇や商船に情報提供を行うなど、危険な任務の中でも大きな成果を挙げ、我が国の国益に大きく貢献している。

ただでさえ、海自航空部隊の受け持つ哨戒エリアは広大であり、民生協力も含めてその任務は多忙を極める。

その中で、海賊対処に赴くとなれば、事前に徹底した攻撃回避訓練を行うなど、新たに上乗せとなる任務はさらに膨れ上がり、部隊の負担は増すばかりだ。

しかしその任務の品質は低下すること無く、海自の国際貢献活動に対する評価は常に高い。

負担の増大そのものは見過ごして良い問題ではないが、まずは素直に、その活躍に心からの敬意をお送りしたい。

さて小峯のキャリアについてだ。

先述のように、固定翼哨戒機の戦術航空士として常に最前線で指揮を執り続けてきた小峯だが、一般大学の出身でありながら、その歩みは常に海自の要職とともにあった。

飛行隊長職は、厚木に所在していた第3飛行隊で経験。

航空隊司令職は、日本海軍以来の伝統と歴史溢れる鹿屋基地での第1航空隊だ。

そして平成28年3月、海将補に昇任とともに、八戸の第2航空群司令に着任。

我が国最北にある固定翼哨戒機部隊として北の守りにつくだけでなく、日本海側では能登半島以北、太平洋側では北関東以北の我が国の海域において救難活動を行うなど、名実ともに北日本の平和と安全を守る。

実力さえあれば、一般大学卒業生であってもここまで活躍できるということを結果で出し続ける、33期組のエースだ。

さて次に、その小峯と33期組の動向についてみてみたい。

小峯が海上自衛隊に入隊したのは平成元年3月。

1等海佐に昇ったのが平成20年1月であったので、33期組1選抜(1番乗り)のスピード出世だ。

海将補に昇ったのは平成28年3月であったので、同期1選抜に比べ1年半の遅れとなったが、そもそもが将官に昇る者の数が少ない海自である。

堂々のスピード出世であり、海上自衛隊の中枢で活躍し続けるエリート自衛官だ。

その33期だが、最初の海将が選抜されるのは2020年。

そのため海将補が出世頭の階級ということになるが、2018年3月現在で海将補にある幹部は以下の通りだ。

関口雄輝(第33期)・統合幕僚監部指揮通信システム部長(2014年6月?)

齋藤聡(第33期)・海上自衛隊幹部候補生学校長(2014年8月)

真殿知彦(第33期)・統合幕僚監部防衛計画部副部長(2014年8月)

俵干城(第33期)・防衛大学校訓練部長(2015年3月)

市田章(第33期)・第5航空群司令(2015年8月)

小峯雅登(第33期相当)・第2航空群司令(2016年3月)

近藤奈津枝(第33期相当)・統合幕僚監部首席後方補給官(2016年12月)

今吉真一(第33期)・防衛装備庁長官官房艦船設計官(2017年3月)

※肩書は全て2018年2月現在。( )は海将補昇任時期。

ネット上でも大人気の海自のアイドル、近藤奈津枝・統合幕僚監部首席後方補給官と同期であることが目を引くが、まずは関口、齋藤、真殿、俵、市田の5名が33期組で抜け出しており、この5名を中心にした最高幹部人事が進むことになるだろう。

小峯についても、固定翼哨戒機のエキスパートとしてその存在感をますます高め、活躍の場を広げていくことは疑いようがない。

その動向には要注目であり、今後とも変わらず応援していきたい。

本記事は当初2017年7月25日に公開していたが、加筆修正が重なったので2018年3月3日に整理し、改めて公開した。

◆小峯雅登(海上自衛隊) 主要経歴

平成
元年3月 海上自衛隊入隊(第33期相当)
12年1月 3等海佐
15年7月 2等海佐
18年3月 第51航空隊(厚木)
18年12月 第3飛行隊長(厚木)
20年1月 1等海佐
21年3月 統合幕僚監部指揮通信システム運用課情報保証班長(市ヶ谷)
22年3月 自衛艦隊司令部運用総括幕僚(横須賀)
23年8月 海上幕僚監部防衛課防衛調整官(市ヶ谷)
24年7月 第1航空隊司令(鹿屋)
25年8月 統合幕僚監部防衛課長(市ヶ谷)
27年8月 第4航空群司令部首席幕僚(厚木)
28年3月 第2航空群司令(八戸) 海将補

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省海上自衛隊 八戸航空基地公式Webサイト(講演写真、交流行事画像)

http://www.mod.go.jp/msdf/hatinohe/news.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 九州男児 より:

    記事の更新お疲れ様です.
    現在小峰海将補は、呉地方総監部の幕僚長をされています.

    • ytamon より:

      九州男児様コメントありがとうございました。
      併せてご指摘ありがとうございます!
      記事の更新は概ね半年~1年ペースで実施させていただいております。
      そのため、小峰海将補の次回の更新まで、今しばらくお待ちくださいませ!