湯浅悟郎(西部方面総監・陸将)|第28期・陸上自衛隊

その湯浅が陸上自衛隊に入隊したのは昭和59年3月。

1等陸佐、陸将補、陸将に昇ったのはそれぞれ平成15年1月、21年7月、27年3月であったので、28期組1選抜(1番乗り)でのスピード出世だ。

原隊(初任地)は北熊本に所在していた第42普通科連隊であり、現在は第42即応機動連隊と編成を変えた同部隊で、厳しい初級幹部としてのスタートを切った。

(画像提供:陸上自衛隊第15旅団公式フェイスブック

その後、連隊長には秋田県に所在する第21普通科連隊で上番。

師団長ポストは青森県の第9師団長に着任している。

中央(陸上幕僚監部)では、教育訓練部教育訓練計画課企画班長、人事部補任課長、装備部長と言った要職を歴任。

その他、中部方面総監部では幕僚副長を経験し、東京地方協力本部長という大役も担いながら順調にポストを重ね、平成28年7月に陸上幕僚副長に着任。

その後職として、平成29年8月に第37代となる西部方面総監に補され、活躍を続けている。

まさに絵に描いたような、エリート街道を昇ってきた最高幹部の一人だと言ってよいだろう。

では、その湯浅が陸上幕僚長への最後の階段を昇ることがあるのかどうか。

陸上幕僚長人事を巡る客観的な情勢は、前ページでご説明したとおりなので重複のご説明は避けるが、まずは以下の4名に絞って間違いないという結論であった。

陸上総隊司令官 住田和明(第28期)

北部方面総監 田浦正人(第28期)

中部方面総監 岸川公彦(第28期)

西部方面総監 湯浅悟郎(第28期)

そして結論から言うと、おそらく次期陸上幕僚長は住田でほぼ、間違いないだろう。

全軍を統率する可能性がある陸上総隊司令官であり、東部方面隊で方面総監職も経験。

いわゆる3防(防衛班長、防衛課長、防衛部長)を経験し、早くから絵に描いたような出世街道ど真ん中を歩いてきた、陸上幕僚長候補筆頭の最高幹部だ。

2019年夏か、あるいは早ければ2019年3月に、陸上幕僚長の山崎が統合幕僚長に昇るタイミングで、後任の第37代陸上幕僚長に昇ることになるのではないだろうか。

湯浅については、実は年次こそ28期だが、年齢で言うと実は、陸上幕僚長の山崎よりも1歳年上にあたる。

そのため、基本的には世代交代の意味を持つ陸上幕僚長の人事として、山崎の後任に着任するという可能性は、余り高いとは言え無さそうだ。

とは言えまだまだ人事のことは全くわからない上に、湯浅が担うのは我が国の最前線・西部方面隊での国防である。

その活躍はそのまま、日本と世界の平和と安全に直結する極めて重要な任務だ。

先のことは先のこととして、まずは目先、湯浅の活躍にはどの幹部よりも注目していきたいと思う。

そして声を大にして、これまで以上に応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:陸上自衛隊第15旅団公式フェイスブック

◆湯浅悟郎(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
59年3月 陸上自衛隊入隊(第28期)
60年3月 第42普通科連隊(北熊本)

平成
7年1月 3等陸佐
10年7月 2等陸佐
11年8月 陸上幕僚監部防衛部防衛課(檜町、市ヶ谷)
15年1月 幹部学校付 1等陸佐
15年8月 陸上幕僚監部人事部補任課(市ヶ谷)
16年8月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練計画課企画班長(市ヶ谷)
18年8月 第21普通科連隊長(秋田)
19年12月 陸上幕僚監部人事部補任課長(市ヶ谷)
21年7月 陸将補
21年12月 中部方面総監部幕僚副長(防衛)(伊丹)
23年8月 東京地方協力本部長(市ヶ谷)
25年8月 陸上幕僚監部装備部長(市ヶ谷)
27年3月 第9師団長(青森) 陸将
28年7月 陸上幕僚副長(市ヶ谷)
29年8月 西部方面総監(健軍)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする