丸澤伸二(指揮通信情報部長・海将補)|第29期相当・海上自衛隊

Pocket

その丸澤が海上自衛隊に入隊したのは昭和60年3月。

1等海佐に昇ったのが平成16年7月であったので、29期組1選抜後期(1番手グループ)となるスピード出世であった。

一般大学卒業生でありながら将官に昇るだけあって、早くから頭角を現し、実績を残し続けている。

(画像提供:海上自衛隊公式フェイスブック

2等海佐以降のキャリアで見ると、平成12年3月に護衛艦みねゆきで船務長兼副長を務め、艦長ポストは護衛艦せんだいで着任。

23年8月には第2護衛隊の司令を任され、このポストにあった24年8月からは、第13次派遣海賊対処水上部隊指揮官としてアフリカ・ソマリア沖に赴任している。

また中央では、班長ポストを統合幕僚監部の総務課総務班長及び海上幕僚監部の補任課服務室長、海上幕僚監部の情報課情報運用室長で経験。

課長ポストは海上幕僚監部の情報課長で務めた。

その他のポストでも活躍はめざましく、平成15年6月からは先述のようにシンガポール防衛駐在官として手腕を発揮している他、海将補に昇った27年8月には防衛省の特別機関の一つである情報本部に詰めて、情報官を務めている。

その経歴は非常に充実しており、現場でも中央でも、また海外の現場でも活躍が目立つ、我が国を代表する最高幹部の一人であると言ってよいだろう。

 

なお上記2枚の写真。

こちらは第27次派遣海賊対処水上部隊が横須賀を出港する際のものだ。

海上自衛隊の音楽祭で定番である、「必ずここへ~帰って~~くるぅとおぉぉ~~~♪」(著作権侵害の意図はありません。JASRACに怒られたら削除します・・・)が聞こえそうな、家族との別離のシーンである。

上記ではサラッと流したが、丸澤はこの第27次の5年前、2012年8月31日に同様に大湊を出向し、第13次派遣海賊対処水上部隊の指揮官として、アフリカの東部・ソマリア沖のアデン湾に赴任した。

ご存知のようにソマリア沖の海賊対処は、アラビア半島南側からアデン湾→紅海と経由しスエズ運河を抜けて地中海に至る海上交通の要衝を守ろうとする、我が国が継続して取り組んでいる国際貢献活動だ。

この海域は我が国の戦略物資も多く通過するシーレーンであり、民間の物流が脅かされると直ちに、我が国のみならず世界経済にも、深刻な悪影響を及ぼすことになるだろう。

この重要な任務は、自衛隊が携わる任務の中でも非常に重要な活動の一つであり、丸澤はその指揮官として同地に赴き、重火器で武装する海賊から世界の民間船舶を護衛した。

改めてここで、この誇り高い任務を完遂した丸澤の活躍を、特に記しておきたい。

 

では最後に、その丸澤と同期である29期組の人事の動向について、確認しておきたい。

29期組は、2016年に最初の海将が選抜され、同期の海幕長候補も出揃っていると言っても良い状況にある。

そして2019年2月現在では、以下の幹部たちが海将の任にあたっている。

 

渡邊剛次郎(第29期)・横須賀地方総監(2016年7月)

糟井裕之(第29期)・護衛艦隊司令官(2016年12月)

杉本孝幸(第29期)・呉地方総監(2017年8月)

大島孝二(第29期)・海上自衛隊補給本部長(2017年12月)

中尾剛久(第29期)・舞鶴地方総監(2017年12月)

※肩書はいずれも2019年2月現在。( )は海将昇任時期。

 

以上のようになっており、いずれの幹部も極めて近い将来に、海上幕僚長に着任する可能性があるという状況だ。

2019年2月現在の客観的な状況では、村川豊(第25期)の跡をつぎ、第34代の海上幕僚長に着任するのは山下万喜(第27期)であることはまず間違いないだろう。

そうなれば、その次の海上幕僚長はこの5名の中から選ばれる可能性もありそうだ。

その中でも、おそらく先頭を走るのは渡邊ということになるのではないだろうか。

 

丸澤については、多くの現場での活躍や海外経験に加え、今自衛隊にとってもっとも重要な、情報系での活躍と顕著な実績を残す最高幹部だ。

その意味では、退役がどんどん進んでいる29期組ではあるが、もうひと働き、いずれかの要職で辣腕を振るうことになるのではないだろうか。

残りあと僅かとなった自衛官生活かも知れないが、その活躍は要注目であり、今後も目を離さずに、その動向を追っていきたい。

そしてますます、応援をしていきたい。

 

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:海上自衛隊公式フェイスブック

◆丸澤伸二(海上自衛隊) 主要経歴

昭和
60年3月 海上自衛隊入隊(第29期相当)

平成
8年1月 3等海佐
11年7月 2等海佐
12年3月 みねゆき船務長兼副長
13年3月 せんだい艦長
15年6月 シンガポール防衛駐在官
16年7月 1等海佐
18年9月 統合幕僚監部総務課総務班長
20年6月 海上幕僚監部補任課服務室長
22年3月 海上幕僚監部情報課情報運用室長
23年8月 第2護衛隊司令
24年8月 第13次派遣海賊対処水上部隊指揮官
25年8月 海上幕僚監部情報課長
27年8月 情報本部情報官 海将補
28年12月 海上幕僚監部指揮通信情報部長

Pocket

コメントを残す