稲月秀正(第9航空団司令・空将補)|第35期・航空自衛隊

その稲月が航空自衛隊に入隊したのは平成3年3月。

1等空佐に昇ったのが22年1月であったので、35期組1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ。

空将補に昇ったのが29年12月であったので、こちらも同期では3番手となるスピード出世であり、将官昇任後最初の補職で、この厳しい現場を任されることになった。

(画像提供:航空自衛隊那覇基地公式Webサイト

(画像提供:航空自衛隊那覇基地公式ツイッター

2等空佐以降の経歴でみると、飛行隊長ポストは築城基地に所在する第8航空団第6飛行隊長で経験。

その後は中央での補職が多く、航空幕僚監部の防衛課を経て班長ポストは統合幕僚監部運用部第2課の訓練評価支援班長と航空幕僚監部運用支援・情報部の運用支援調整官で、課長ポストは航空幕僚監部運用支援・情報部の運用支援課長でそれぞれ任されている。

またその間、1年間の米国留学も経験しており、自衛隊の幹部にとって必須である米軍との意思疎通や人脈形成もこなした。

そして平成29年12月、空将補に昇任。

第9航空団司令兼ねて那覇基地司令に着任し、厳しい安全保障環境の中で国防の最前線に立ち、力を尽くしている。

35期のみならず、航空自衛隊を代表する最高幹部の一人であると言って良いだろう。

では最後に、その稲月と同期出る35期組の人事の動向について見てみたい。

35期は、2016年夏の将官人事でに最初の空将補が選抜された年次にあたる。

そして2019年2月現在で空将補の任にあたっているのは以下の幹部たちだ。

熊谷三郎(第35期)・北部航空方面隊副司令官(2016年7月)

亀岡弘(第35期)・防衛監察本部監察官(2016年7月)

船倉慶太(第35期)・第1輸送航空隊司令(2017年12月)

稲月秀正(第35期)・第9航空団司令兼ねて那覇基地司令(2017年12月)

福田隆宏(第35期)・第5航空団司令兼ねて新田原基地司令(2018年8月)

※肩書は全て2019年3月現在。( )は空将補昇任時期。

以上のようになっており、まずは熊谷と亀岡が、35期の航空幕僚長候補として抜け出している状況と言って良さそうだ。

この両者には今のところ差はほとんどなく、今後も切磋琢磨しながらともに空将に昇り、より重い責任を担っていくことになるだろう。

とは言え、航空自衛隊では例えば山田真史(第28期)・航空支援集団司令官のような昇任の事例もある。

山田の場合、1等空佐に昇ったのが平成17年1月。

28期組の1選抜(1番乗り)は平成15年1月であったので、昇任は1選抜に比べ2年遅かったということになる。

人事については、1選抜で昇任する方がむしろエリートであり特別なので、それ自体は特段話題になることではない。

ただ山田は、現に空将に在り、航空幕僚長候補の一人として活躍する最高幹部だ。

通常、将に昇るような最高幹部は、1佐はもちろん、将官(将補)に昇るのも1選抜前期もしくは後期、あるいは遅くとも2選抜くらいまでに昇ることが多い。

陸上自衛隊の人事では特にその傾向が顕著であり、陸上幕僚長候補としてその名前が上がるのは、1選抜前期で将官に昇った幹部だけだ。

それが山田の場合、1佐への昇任では同期1選抜より2年後の2選抜でもなかったのだが、空将補へは人事考課の最短期間となる6年で昇任。

同様に、空将へも空将補昇任からわずか5年で昇り、一気に先行する最高幹部たちに追いついた形だ。

陸海ではまず見られない・・・というよりも、空自でも余り見かけない1佐以降の昇任の速さであり、航空自衛隊ではこんな人事も在り得るという見本のような活躍を見せている。

そういった意味では、こと空自に関しては、将官に昇任するまで誰が同期で抜け出すのか。

稲月を含め35期組の場合、まだまだ先を見通せる状況ではないと言うことになるそうだ。

いずれにせよ稲月は、この先2020年代半ばにかけて、我が国の国防を中心になって支えていく最高幹部であることは間違いのないところだ。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:航空自衛隊那覇基地公式ツイッター

◆稲月秀正(航空自衛隊) 主要経歴

平成
3年3月 航空自衛隊入隊(第35期)
14年1月 3等空佐
17年7月 2等空佐
19年4月 第8航空団第6飛行隊長(築城)
21年5月 航空幕僚監部防衛課
22年1月 1等空佐
22年8月 幹部学校付・防衛研究所(目黒)
23年7月 統合幕僚監部運用部第2課(市ヶ谷)
23年8月 統合幕僚監部運用部第2課訓練評価支援班長(市ヶ谷)
24年8月 幹部学校付(米国留学)
25年8月 航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援調整官(市ヶ谷)
26年8月 航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)
27年8月 航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援課長(市ヶ谷)
29年12月 第9航空団司令兼ねて那覇基地司令(那覇) 空将補

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする