前田忠男(第7師団長・陸将)|第31期・陸上自衛隊

その前田が陸上自衛隊に入隊したのは昭和62年3月。

1等陸佐に昇ったのが平成18年1月、陸将補に昇ったのが24年7月、陸将に昇ったのが30年8月だったので、その全てで30期組1選抜(1番乗り)のスピード出世を果たした。

陸上自衛隊では、1選抜で将官に昇ることは、同期の陸上幕僚長候補に選ばれたことを直接意味する。

そのため前田も、極めて近い将来の陸幕長候補の一人であると言ってよいだろう。


(画像提供:陸上自衛隊第7師団公式Webサイト

その前田は、初級幹部の頃からやはり、とても印象深い配置を経験している。

初任地は、冷戦時代の最前線であり、北海道西部の護りの要である第26普通科連隊(留萌駐屯地)。

かと思えば、その1年半後には第1空挺団に異動になり、そこで5年間、小隊長として激務を経験した。

そのため前田の場合、原隊意識はあるいは留萌ではなく、第1空挺団ということになるのかも知れない。

我が国を代表するこの精鋭部隊で大いに鍛え上げられ、以降は真駒内の第18普通科連隊で中隊長を。

米陸軍戦略大学への留学を経て、国分駐屯地に所在する第12普通科連隊で連隊長に上番。

そして平成24年7月、陸自史上一番のイケメンである山之上哲郎(第27期)の後を継ぐ形で、第1空挺団長兼ねて習志野駐屯地司令に着任した。

なおその間、中央(統幕、陸幕)では、陸幕で教育訓練部、監理部などを経て装備部装備計画課長、防衛部長などのエリートポストを歴任。

統幕では運用1課の防衛警備班長を経験するなど、非常に幅広いポストで活躍した。

そして平成30年8月、堂々の陸将昇任を1選抜で果たし、第7師団長の重責を担う。

まさに、31期のみならず、陸自を代表する最高幹部の一人であると言って良いだろう。

なお余談だが・・・

ご存知のように、第7師団は公式の別称で「第7機甲師団」と呼ばれるほどに、機動力と打撃力に優れた、我が国を代表する精鋭集団だ。

いわば機甲科の聖地であり、主力戦車の存在感が非常に大きな部隊でもある。

その第7師団長に、普通科出身で空挺の申し子のような前田が着任したわけだが、前田を良く知る第1空挺団のお膝元、地元の自衛隊協力会では、第7師団長着任が発表された際、

「え・・・?前田さんって戦車乗れるの?」

という声が多く聞かれたそうだ笑

もちろん師団長なので、戦車に乗る技量は関係ない。

さらに前田は元々が千葉の出身であり、県立安房高校を卒業し防衛大学校に入学した、生粋の千葉っ子である。

そんなこともあり、第1空挺団長に着任して以降、地元の協力会などでも特に愛された将補であったが、そんな愛を込めた言葉だったのだろう。

むしろ諸職種混合の戦力化が今の陸自の戦略である以上、職種の垣根を越えた指揮統率は、最高幹部にとって必須の条件ともなってきている。

そう言った意味でも、前田にかかる陸自内外の期待は極めて大きい。

では最後に、その前田と同期である31期組の人事の動向について確認しておきたい。

31期組は先述のように、2018年夏の将官人事で、最初の陸将が選抜されたばかりの年次だ。

そしてその陸将に在るのは、2018年11月現在で以下の幹部たちとなっている。

竹本竜司(第31期)・第1師団長(2018年8月)

沖邑佳彦(第31期)・第4師団長(2018年8月)

前田忠男(第31期)・第7師団長(2018年8月)

※肩書はいずれも2018年11月現在。( )は陸将昇任時期。

上記のようになっており、31期組についてはこの3名で、同期の陸幕長候補が出揃ったと考えてよいだろう。

本来であれば、4名が1選抜で陸将に昇任するのが慣例なのだが、2018年夏の将官人事では3名の陸将昇任に留まっているのが、31期組人事の特徴だ。

そしてこの3名については、いずれ劣らぬ素晴らしいキャリアの持ち主ばかりであり、なおかつ個人的にも非常に敬愛する最高幹部ばかりだ。

そのため誰か一人を応援する気になれず、ぜひ皆が方面総監まで昇り、そして最後まで陸上幕僚長候補として切磋琢磨されることを、心から願ってやまない。

その姿をこのようにレポートし続け、そして熱く応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。


(画像提供:陸上自衛隊第7師団公式Webサイト

◆前田忠男(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
62年3月 陸上自衛隊入隊
63年3月 第26普通科連隊(留萌)

平成
元年8月 第1空挺団普通科群小隊長(習志野)
6年8月 幹部学校指揮幕僚課程(目黒)
8年8月 富士学校普通科部(富士)
10年1月 3等陸佐
10年3月 第18普通科連隊中隊長(真駒内)
12年3月 檜町駐屯地業務付隊・政策研究大学院大学修士課程(檜町)
13年3月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練課(市ヶ谷)
13年7月 2等陸佐
16年3月 陸上幕僚監部監理部総務課(市ヶ谷)
18年1月 1等陸佐
18年3月 中央資料隊付(米陸軍戦略大学)
19年3月 中央情報隊本部付(朝霞)
19年8月 統合幕僚本部運用1課(市ヶ谷)
19年9月 統合幕僚監部運用1課防衛警備班長(市ヶ谷)
21年3月 第12普通科連隊長兼ねて国分駐屯地司令(国分)
22年7月 陸上幕僚監部装備部装備計画課長(市ヶ谷)
24年7月 第1空挺団長兼ねて習志野駐屯地司令(習志野) 陸将補
25年12月 陸上自衛隊幹部候補生学校長兼ねて前川原駐屯地司令(前川原)
27年3月 陸上自衛隊研究本部総合研究部長(朝霞)
28年7月 陸上幕僚監部防衛部長(市ヶ谷)
30年8月 第7師団長(東千歳) 陸将

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 機甲命 より:

    この間までの日米共同訓練・ヤマサクラでも随分活躍されたらしいですね。8月に師団長になって災害派遣、ヤマサクラとお忙しいそうですね。防衛計画の大綱も作ったんでしょ。海空自衛隊が目立ちますが、やっぱり陸上自衛隊が基本ですよね。この国は、勘違いしてますね。機甲師団頑張れ。

    • ytamon より:

      機甲命様コメントありがとうございました。
      前田さん、北海道に行ってから活き活きされてるようですね!
      海空が勘違いしているかはともかく、確かに陸自の重要性が、海空に比べて正当に評価されていないという思いは同感です。
      陸自の活躍と働きは、もっと評価されるべき!

  2. 機甲命 より:

    忘れたころに地震が寄って。北海道の皆さん大変です。今回は被害もほとんどなくほっとしました。今回も迅速な対応でしたね。師団長以下指揮官も隊員の皆さんも流石ですね。
    話は代わって、前田さん、千歳と恵庭のクロスカントリースキー大会に出てました。15km完走してました。開会式でも紹介されましたが、師団長で出たのは初めてじゃあないですか?
    最強師団の今後が益々楽しみです。5月の創立記念日も楽しみです。頑張れ、7師団、応援してます。

    • ytamon より:

      お忙しいポストに在るのに、体力づくりすごいですね~
      次は富士学校長にご栄転か?

  3. すーさん より:

    前田さんは走るのが好きなんですよ、空挺団長の時も演習場を良く走っていました、幹部学校長を下番した時に逢った時に 前田さん久留米はどうでした と聞いたら 校長と言う職は個人の時間が取れるので、走ってばっかりいました と返してきました、職種は普通科の為体力勝負な所も有る方です、何たって空挺団長時代に式典の際に自らFFで先頭で降下して来ました人ですから、精鋭7師団での御活躍期待しています。

    • ytamon より:

      すーさん!
      そうだったのですね。
      いずれ陸上総隊の最高幹部として、上級組織に帰ってくるときもあるかも知れないですね!