【退役】本松敬史(西部方面総監・陸将)|第29期・陸上自衛隊

その本松が陸上自衛隊に入隊したのは昭和60年3月。

1等陸佐、陸将補、陸将に昇ったのはそれぞれ平成16年1月、22年7月、28年7月であり、その全てが29期組1選抜(1番乗り)のスピード出世であった。

原隊(初任地)は滝ヶ原に所在する普通科教導連隊であり、同地で厳しい自衛官生活のスタートを切っている。

(画像提供:防衛省統合幕僚学校公式Webサイト

(画像提供:西部方面隊公式Webサイト

その後、職種部隊では中隊長ポストを第1普通科連隊で経験し、先述のように第3次ゴラン高原派遣輸送隊の隊長も務め、中東ゴラン高原で厳しい任務を経験。

連隊長ポストは、日露戦争で有名を馳せた弘前の第39普通科連隊で上番した。

中央(陸上幕僚監部)では、班長ポストを人事部補任課人事1班で、課長ポストを人事部人事教育計画課で、部長ポストを教育訓練部で務めるなど要職を歴任。

またその間、米陸軍指揮幕僚大学への留学なども経験しながら知見を積み上げ、平成24年7月からは、政治的にも非常に重要なポストとなる自衛隊沖縄地方協力本部長も経験する。

そして平成28年7月、陸将への昇任とともに第8師団長に着任し、その後職として29年8月から統合幕僚副長を務めている。

陸上幕僚長候補に残るエリートらしい、非常に充実したキャリアを積み上げてきた自衛官生活であった。

 

では最後に、その本松と同期である29期組の人事の動向についてみてみたい。

29期組の将官は、一部で既に勇退も始まっている年次であり、今まさに、我が国の平和と安全に最も重い責任を担っている世代だ。

そして2019年1月現在で、29期組で陸将に在るのは以下の最高幹部となっている。

 

上尾秀樹(第29期)・東北方面総監(2016年7月)

高田克樹(第29期)・東部方面総監(2016年7月)

本松敬史(第29期)・統合幕僚副長(2016年7月)

納富 中(第29期)・防衛大学校幹事(2016年7月)

柴田昭市(第29期)・防衛装備庁長官官房装備官(2017年3月)

山内大輔(第29期)・陸上自衛隊補給統制本部長兼ねて十条駐屯地司令(2017年3月)

清田安志(第29期)・第6師団長(2017年8月)

岩村公史(第29期)・第9師団長(2018年8月)

権藤三千蔵(第29期)・陸上自衛隊関東補給処長兼ねて霞ヶ浦駐屯地司令(2018年8月)

※肩書はいずれも2019年1月現在。( )は陸将昇任時期。

 

以上のようになっており、あくまでも2019年1月現在での状況だが、29期組からは上尾と高田の2名が先に方面総監に着任し、一歩抜け出した形になっている。

ただ、本松と納富もまだまだ、方面総監に着任する可能性があり、またそうなると陸上総隊司令官に着任する可能性もあるなど、この4名はほとんど差がないと考えてよいだろう。

特に統合幕僚副長のポストについて。

次の統合幕僚長には陸上幕僚長から山崎幸二(第27期)が着任すると予想している。

そのため、副長ポストは海か空からの着任が予想されるので、統合幕僚長人事のタイミングで動くことになるのだろう。

そのタイミングで、本松は中部か西部の総監に着任することになるわけだが、おそらくそのキャリアから考えて、西部方面総監に着任することになるのは間違いないのではないだろうか。

 

いずれにせよ、この先数年間の日本の安全と世界の平和について、重い責任を担っていくことになるのは間違いのない本松である。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

 

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:陸上自衛隊第8師団公式Webサイト

◆本松敬史(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
60年3月 陸上自衛隊入隊(第29期)
61年3月 普通科教導連隊(滝ヶ原)

平成
4年3月 富士学校 普通科部教官(富士)
5年8月 指揮幕僚課程(第39期、市ヶ谷)
7年8月 第1普通科連隊中隊長(練馬)
8年1月 3等陸佐
9年1月 第3次ゴラン高原派遣輸送隊長(ゴラン高原)
9年9月 陸上幕僚監部防衛部(檜町)
11年3月 中央資料隊付(米陸軍指揮幕僚大学)
11年7月 2等陸佐
12年8月 陸上幕僚監部 防衛部(市ヶ谷)
16年1月 1等陸佐
16年8月 陸上幕僚監部人事部補任課(市ヶ谷)
17年4月 陸上幕僚監部人事部補任課人事1班長(市ヶ谷)
19年8月 第39普通科連隊長(弘前)
21年3月 陸上幕僚監部人事部人事教育計画課長(市ヶ谷)
22年7月 陸将補
23年4月 北部方面総監部幕僚副長(札幌)
24年7月 自衛隊沖縄地方協力本部長(沖縄)
26年8月 陸上幕僚監部教育訓練部長(市ヶ谷)
28年7月 第8師団長 陸将
29年8月 統合幕僚副長
31年4月 西部方面総監

令和
2年8月 西部方面総監・陸将として勇退

2 件のコメント

  • 名将たちが去り寂しくなりました。
    29期の末路を見るにやっぱり次の陸幕長は30期で決まりですかね。時期は次の夏でしょうか。早ければ春もあるんでしょうか。

    • 30期もあるかも知れませんが、私はもしかして31期もあるんじゃないかなと。
      その場合、竹本陸将か前田陸将のどちらかですね。

      そして恐らく・・・
      おっと、言い切るのはやめておきます笑

  • コメントを残す