【航空自衛隊】日本の空を守るイケメン航空自衛官・幹部特集

さて、イケメン自衛官シリーズの第3弾、航空自衛隊バージョンである。

このシリーズでは、

輝き活躍する女性幹部自衛官・女性曹士特集

【陸上自衛隊】日本の平和を守るイケメン幹部自衛官特集

【海上自衛隊】世界の海を守るイケメン海上自衛官・幹部特集

に次ぐ、第4弾ということになる。

なお、管理人の独断と偏見で選ばせて頂いたのは、

陸自幹部自衛官 山之上哲郎(第27期) ※(但し、第1空挺団長時代限定・・・)

海自幹部自衛官 池太郎(第27期)

であった。

また、陸海バージョンでも書かせていただいたが、女性自衛官の場合、順位付けなどして万が一防衛省の中の人に見つかれば怒られると思ったので自粛したが、イケメン男性自衛官なら独断と偏見の順位をつけてもシャレになるだろうと思い、航空自衛官でもランキング形式にしている。

こちらも併せてお許し願いたい。

なお本ページは「イケメンランキング」としているが、陸海でも申し上げたように、率直に言って「広報画像ランキング」である。

本人がイケメンかどうかではなく、各基地の広報カメラマンの腕前ランキングと言ったほうがより適切かもしれない。

公式サイトで見かけるプロフィール写真はイケメンなのに、テレビで見かけると「あれ?」と思う人も多いので、油断できないのだ。

(もちろん、その逆もとても多い)

また肩書き、年齢、階級などは全て2018年3月時点のものである。

ご存知のように、幹部自衛官は2年程度ですぐに異動になり、数ヶ月程度で情報が古くなるが併せてご容赦願いたい。

【第10位】

丸山潔(第34期)・第1高射群第2高射隊長(2等空佐)

丸山潔は34期組であり、すなわち50歳前後にしてこの若々しさは反則である。

一体どんなストイックな生活をすれば、こんな体躯と見た目(それに髪の毛・・・)を維持できるのだろうか。

首都圏の防空を担う幹部自衛官として、丸山のような男が我が国の空の安全に目を光らせているかと思うと、とても安心できる思いである。

【第9位】

花田哲典(部内幹候88期)・補職不明(3等空佐)

花田哲典は昭和42年生まれであり、平成29年夏までは第1高射群第4高射隊隊長を務めていた3等空佐だ。

ご存知のように、防衛省から一般に発表があるのは1佐からであり、いつの間にか異動になってしまって現職はわからない。

部内から幹部に昇ったイケメンであったが、今はどこのポストで活躍しているのであろうか。

【第8位】

小袋長武(第31期)・第11飛行教育団司令(1等空佐)

小袋長武は防衛大学校第31期の卒業なので、少なくとも50代も半ばになろうという年齢である。

イーグルドライバー上がりの静浜基地司令であり、若き荒鷲の雛たちを時に厳しく、時に優しく育てる。

日本の未来の空を守るパイロットたちの技量を支えると言っても良い、極めて重い責任を背負うイケメン指揮官だ。

【第7位】

荒木哲哉(第31期)・航空幕僚監部総務部長(空将補)

荒木哲哉は昭和39年2月生まれの54歳。

イラク戦争の戦後処理を担当する時期に米中央軍に派遣され、我が国の意思決定に大きな影響を与える重責を担うなど、非常に充実したキャリアを持つエリート空将補だ。

幹部候補生学校長も務めるなど、「ひげの校長」と、愛されたキャラでもある。

この画像は少しお疲れ気味だが、実物はもっとイケメンである。

【第6位】

南雲憲一郎(第33期)・中部航空方面隊副司令官(空将補)

南雲憲一郎は昭和40年10月2日生まれの52歳。

F-15戦闘機パイロット上がりの、いわゆるイーグルドライバーだ。

防衛駐在官としてフランスに赴任し、また米空軍大学幹部高級課程も修了しているなど、冗談のようなスーパエリートである。

もちろん33期1選抜であり、イケメンと言うだけでなく、近い将来の航空幕僚長候補だ。

ぜひ注目し、応援して欲しい。

【第5位】

前原弘昭(第27期)・航空総隊司令官(空将)

前原弘昭は昭和35年5月2日生まれの57歳。

航空幕僚長である丸茂吉成(第27期)と、最後まで航空幕僚長の座を争ったトップエリートだ。

F-15戦闘機パイロット上がりであり、航空自衛隊のNo.2にして、次期航空幕僚長に着任する者にとって指定席とも言える航空総隊司令官にまで昇り詰めたが、このポストを最後に退役することになった。

ちょっとハーフを思わせる日本人離れした容姿端麗さで、何歳になっても女性ファンの多いイケメンであった。

【第4位】

秋本康雄(第36期相当)・自衛隊山口地方協力本部長(1等空佐)

秋本康雄は昭和41年5月5日生まれの51歳。

出身地である山口に所在する鴻城高校で3年間、教員職を務めてから航空自衛隊に入隊した異色の高級幹部だ。

なおかつ、3年間の遅れがあるにもかかわらず1等空佐に昇り、さらに4人の子供を育て上げるという、公私ともに「凄腕」のオトコでもある。

その秋本が、地元山口で地本長を務めるというのだからこれはまさに卑怯な裏技だ。

ぜひこんな卑怯な裏技を、防衛省は積極的に進めるべきである。

【第3位】

尾崎義典(第32期)・統合幕僚監部総務部長(空将補)

尾崎義典は昭和40年12月生まれの52歳。

親子2代に渡るF-4ファントム戦闘機のパイロットで、文字通りの親子鷹だ。

そして尾崎にとって自衛官になるということは、文字通りファントム(幻、幽霊)の背中を追うものであった。

尾崎の父は、我が国にF-4戦闘機を導入する黎明期に臨時飛行隊長を務め、そして殉職した故・尾崎義弘元2等空佐(享年40歳)。

凄腕パイロットであった尾崎2佐の遺志を継ぎ、日本の空をそのF-4戦闘機の栄光の翼で守り続けた尾崎義典の活躍については、ぜひ一人でも多くの人に知ってもらいたい。

日本の平和と安全は、このような武人の熱い想いで守られている。

【第2位】

今城弘治(第33期)・航空総隊司令部防衛部長(空将補)

今城弘治は昭和40年12月5日生まれの52歳。

総フライト時間は3000時間を越え、F-2戦闘機だけでも650時間に及ぶフライトを誇るベテランパイロットである。

2017年8月にラストフライトを終えたばかりであり、52歳とは思えない若々しさを今も維持する。

なお今城は33期組のトップエリートの一人で、さすがに戦闘機コクピットに収まる絵は、元のイケメンにさらにイケメン補正がかかりまくっており、2位にランクインさせて頂いた。

今後は、指揮官あるいは高級幕僚としての活躍に注目し、そして応援して行きたい。

【第1位】

川波清明(第32期)・航空幕僚監部運用支援情報部長(空将補)

川波清明は昭和39年4月生まれの53歳。

栄えある、航空自衛隊イケメングランプリチャンピオン2018は川波とさせて頂いた。

なお予め申し上げておくが、川波は確かにイケメンではあるが、この1枚はその中でも奇跡の1枚である。

凄腕広報カメラマンの、凄腕のアングルが生み出したカッコイイ1枚であり、那覇基地広報カメラマンには、カメラマン大賞も差し上げたい。

32期組の出世頭であり、F-15戦闘機上がりのイーグルドライバーだ。

なおかつ、国防の最前線である初代第9航空団司令も務めた。

イケメンかつ凄腕パイロットかつ卓越した指揮能力で最前線を指揮した凄腕基地司令。

そんな川波の活躍にはぜひ注目し、応援をして欲しい。

以上、独断と偏見で航空自衛隊イケメンランキングを作成させて頂いた。

なお、プロフィールが明らかになっている幹部自衛官は本当に一握りなので、本当はもっともっと隠れたイケメンがいることももちろん承知している。

そして、それ以上にイケメンの曹士たちが自衛隊を支えていることも、もちろん国民が広く知るところだ。

過酷な任務、毎日本当にお疲れ様です。

これからも日本国民は、自衛隊のみなさんを心から応援し続けます。

(了)

【引用元】

※掲載されている幹部自衛官については、それぞれのリンク先ページに引用元を記載。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする