【高級幹部】海上自衛隊 海将名簿氏名一覧|2019年7月版

さて、陸上自衛隊の陸将一覧陸将補一覧に続き、2019年7月版の海上自衛隊・海将一覧を作成した。

2019年7月15日現在で海将の任にあり、我が国と世界の平和に重い責任を担う最高幹部の数は、17名。

特徴的なところで言えば、28期から山村浩(第28期)が海上幕僚長に着任したにも関わらず、27期の大塚海男(27期)が退役にならず、情報本部長のポストにあることだろうか。

他の27期の最高幹部は、山村の昇任とともに全て勇退となったことから考えても、これは異例のことだ。

元々情報本部長は、防衛大臣が設置する防衛省の特別の機関である「防衛会議」の一員という、非常に重要な職責を担っている。

なお防衛会議のメンバーは、制服組自衛官から招集されるのは統合幕僚長に加え、陸海空の各幕僚長、それに情報本部長の5名のみである。

そのようなことを考え合わせると、2019年4月に大塚を容易に勇退とするわけにはいかない、何か特別な事案があったのだろうか。

軍事上のインテリジェンスを掌握する立場であるだけに、非常に気になるところだが、それでもおそらく、2019年夏の将官人事でようやく、勇退を認めて貰えるのではないだろうか。

その他、28期である山村の海幕長着任で、海上自衛隊の最高幹部の若返りが進んだ。

28期組の幹部も、2019年夏に何名かが退役になると、ますます世代交代が進むだろう。

そういった意味でも、間もなく発令されるであろう将官人事を楽しみに待ちたいと思う。

なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性は、海将一覧とは何の関係もない。

オッサンだらけの海将のご紹介に際して、強く美しい女性自衛官の活躍をご紹介しようと思い、統合幕僚監部の公式ツイッターから拝借したものだ。

アフリカのソマリア沖で活躍する、派遣海賊対処行動水上部隊(DSPE)「あさぎり」に乗船し、大きな責任を任されている女性隊員の仕事中の一コマである。

32歳以下の若者諸君!

自衛隊に入隊すれば、こんなにも強くて美しいセンパイ自衛官が厳しく心身を鍛えてくれるぞ!

さあ、今すぐ最寄りの地本に願書を貰いに行くんだ!

(`・ω・´)

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:統合幕僚監部公式ツイッター

海将名簿氏名一覧(2019年7月15日現在)

氏名 期別 生年月日
(昭和)
出身地 昇任
(西暦)
補職 ひとこと
大塚海夫 27 35年8月 東京 2015.08 情報本部長 小学校の頃の夢は「提督」、有言実行の海の男
28期の山村が海幕長に昇ったが、今も要職にある27期最後の幹部だ
山村浩 28 37年1月 神奈川 2019.04 海上幕僚長 下馬評を覆し、25期の村川からバトンを引き継ぐ
水上艦艇畑のエリートコースを真っ直ぐに昇りトップを極めた
菊地聡 28 36年2月 茨城 2015.12 佐世保
地方総監
海自固定翼機出身のエリート
現場のトップである佐世保の総監に昇ったが、現職が勇退ポストになるだろう
佐藤直人 28 36年12月 神奈川 2016.12 防衛装備庁長官官房装備官 面倒見の良さで知られる補給マン。
防大ボート部出身の細マッチョ
高島辰彦 28
相当
35年8月 兵庫 2017.12 潜水艦隊
司令官
京都大出身のサブマリナー。
統幕の部長相当職に2度に渡り補職。
渡邊剛次郎 29 36年6月 千葉 2016.07 横須賀
地方総監
ヘリコプター部隊で積み上げた飛行のエキスパート。
海軍航空隊の伝統を引き継ぐ男。
糟井裕之 29 38年1月 滋賀 2016.12 自衛艦隊
司令官
海無し県から世界屈指の海自戦力司令官に
軍人外交にも通じるシーマンシップの紳士
杉本孝幸 29 37年10月 青森 2017.08 呉地方総監 日本海軍以来の呉にあって、地方隊を率いる。
世界に誇る海自の固定翼航空機部隊指揮官出身のエリートだ
中尾剛久 29 37年12月 鹿児島 2017.12 舞鶴地方総監 経理出身で後方支援のスペシャリスト
座右の銘は「不進即退」(立ち止まることは退くこと)
大島孝二 29 37年8月 神奈川 2017.12 海上自衛隊
補給本部長
応用物理の工学博士で技術系のエキスパート。
整備・補給系の要職でも活躍。
出口佳努 30
相当
37年6月 大阪 2017.08 海上幕僚副長 一般大卒で30期海将一番乗り
笑顔の素敵な坊主頭
湯浅秀樹 30 39年2月 徳島 2017.12 護衛艦隊
司令官
絵に描いたような真面目顔なのに笑顔がとても魅力的。
掃海隊群司令としても活躍。
西成人 30 39年1月 鹿児島 2018.03 教育航空集団
司令官
海軍伝統の鹿児島出身最高幹部。ポーカーフェイスでカッコよく一般人にもファンが多い。
中畑康樹 30 38年12月 愛媛 2019.04 統合幕僚監部運用部長 練習艦隊司令官も務めた艦艇畑のトップエリート統合運用の要・統幕で運用部長の重責を担う
酒井良 31 37年12月 滋賀 2018.08 大湊地方総監 31期1選抜で海将補・海将に昇任
青森以北の海の安全を担うトップエリート
園田直紀 31 37年12月 東京 2018.12 航空集団
司令官
31期の1選抜で海将に昇任
世界に誇る海自の航空戦力を統率する
乾悦久 31 39年7月 静岡 2019.04 海上自衛隊
幹部学校長
27代齋藤隆、28代吉川榮治海幕長の副官も務めた艦艇屋。後方支援の知見も十分。

我が国と世界の平和に重い責任を担う皆様の活躍を、心から応援しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする