伊藤博幸(いとう・ひろゆき)|第36期・第36普通科連隊長

Pocket

その伊藤が陸上自衛隊に入隊したのは平成4年3月。

原隊(初任地)は北千歳に所在する第71戦車連隊であり、同地で初級幹部として、厳しい自衛官生活のスタートを切っている。

(画像提供:第36普通科連隊公式Webサイト

その後、職種部隊では富士教導団戦車教導隊、第72戦車連隊を経て、大隊長ポストは兼玖珠駐屯地に所在する第4戦車大隊長で着任。

幕僚やスタッフのポジションでは、富士学校機甲科部、研究本部総合研究部第1研究課、開発実験団装備実験隊第1実験科長、研究本部総合研究部第3研究課、東北方面総監部訓練課長といった要職を経験した。

また中央(陸上幕僚監部)では、教育訓練部教育訓練課、教育訓練部教育訓練計画課でも力を尽くしている。

そして平成31年3月から、第36普通科連隊長としてその辣腕を振るっている。

機甲科の幹部でありながら都市部の普通科連隊を任された、ぜひ注目をして欲しい幹部の一人である。  

 

では最後に、その伊藤と同期である第36期組の人事の動向について見てみたい。

36期組は、2017年8月の将官人事で最初の陸将補が選抜された年次にあたる。

そして、2019年9月現在でその任にあるのは、以下の幹部たちだ。

 

松永浩二(第36期)・沖縄地方協力本部長(2017年8月)

德永勝彦(第36期)・教育訓練研究本部研究部長(2017年8月)

堺一夫(第36期)・西部方面総監部幕僚副長(2017年8月)

藤岡史生(第36期)・陸上自衛隊幹部候補生学校長兼ねて前川原駐屯地司令(2017年8月)

若松純也(第36期)・東部方面総監部幕僚副長(2017年12月)

南川信隆(第36期)・教育訓練研究本部訓練評価部長(2018年3月)

大野真(第36期)・中央会計隊長(2018年8月)

※肩書は全て2019年9月現在。( )は陸将補昇任時期。

※2019年夏の将官人事で昇任した将補について、年次未確認のために追記する可能性あり。  

 

以上のような状況になっており、まずは松永、徳永、堺、藤岡の4名が、36期組の中で頭一つ抜けた形になっている。

恐らく今後の陸将人事も、この4名を中心に選抜が進められていくことになるのではないだろうか。 

 

伊藤については、先述のように機甲科の幹部でありながら、都市防衛を担う第36普通科連隊長を任されたほどの幹部だ。

その意味は、これからますます重要になる機甲科の「戦力の集中と機動力の向上」を担うべく、諸職種協同の現場で知見を積み、部隊を指揮せよという中央の意志ではないだろうか。

そういった意味からも、今後もますます、活躍の場を広げていくことになるだろう。

 

いずれにせよ、第36期組は今後2020年代後半にかけて、我が国と世界の平和を中心になって担っていく世代である。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:陸上自衛隊第3師団公式Webサイト

◆伊藤博幸(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
4年3月 陸上自衛隊入隊
5年 月 第7師団第71戦車連隊(北千歳)
13年 月 富士教導団戦車教導隊(富士)
17年 月 富士学校機甲科部教育科(富士)
17年 月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練課(市ヶ谷)
21年 月 第7師団第72戦車連隊
22年 月 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練計画課
24年 月 第4師団第4戦車大隊長兼玖珠駐屯地司令
25年7月 1等陸佐
26年 月 研究本部総合研究部第1研究課
26年3月 開発実験団装備実験隊第1実験科長
28年3月 研究本部総合研究部第3研究課
29年3月 東北方面総監部訓練課長
31年3月 第36普通科連隊長

Pocket

コメントを残す