濵田剛(はまだ・たけし)|第36期・第1師団司令部幕僚長

Pocket

その濵田が陸上自衛隊に入隊したのは平成4年3月。

1等陸佐に昇ったのが23年1月だったので、36期組1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ。

佐官(3佐以降)に昇任後の経歴で見ると、特にその充実したキャリアが際立っている。

(画像提供:陸上自衛隊第1空挺団公式Webサイト

(画像提供:航空自衛隊習志野分屯基地公式Webサイト

なお上記写真では、起立し訓示を述べているのは第1空挺団長の戒田重雄(第35期)

その左に座るのが、第1空挺団で副団長を務めていた時の濵田なのだが、佐官以降の濵田はその第1空挺団での補職が非常に目立つ。

中隊長ポストは、第1空挺団の第1普通科大隊中隊長。

大隊長ポストは、第1空挺団第1普通科大隊長だ。

連隊長ポストは、先述のように震災から3年後となる福島の第44普通科連隊で上番したが、指揮官としてのキャリアの多くを、この日本最精鋭部隊の現場で過ごした。

またその間、中央(陸上幕僚監部)や司令部では、第4師団司令部の第3部長、陸幕の運用支援情報部運用支援課第2班長、中央即応集団司令部では防衛部長の要職を歴任。

そして平成30年3月から第1空挺団副団長を務めていたが、9ヶ月で早々に異動となり、12月からは第1師団司令部幕僚長に栄転となっている。

これらのキャリアから見えてくる濵田の強さとは、軽武装・高機動力の部隊を率いた有事の際の「一番槍」の指揮官であり、まさに陸自大改革を担う幹部として、過不足のない高級幹部の姿だ。

そしてそのような、これまでの実績を評価された上でのことなのだろう。

我が国の心臓部である首都圏を護る第1師団で、その運用を采配する激務を担う、幕僚長に起用されることになった。

その任務と仕事量の多さは極めて厳しいものがあるが、だからこそ濵田は、その期待の大きさに応えてくれるのではないだろうか。

 

では最後に、その濵田と同期である36期組の人事の動向について見てみたい。

36期組は、2017年8月の将官人事で最初の陸将補が選抜された年次にあたる。

そして、2019年6月現在でその任にあるのは、以下の幹部たちだ。

 

松永浩二(第36期)・沖縄地方協力本部長(2017年8月)

德永勝彦(第36期)・教育訓練研究本部研究部長(2017年8月)

堺一夫(第36期)・富士学校普通科部長兼富士学校諸職種協同副センター長(2017年8月)

藤岡史生(第36期)・陸上自衛隊幹部候補生学校長兼ねて前川原駐屯地司令(2017年8月)

若松純也(第36期)・東部方面総監部幕僚副長(2017年12月)

南川信隆(第36期)・教育訓練研究本部訓練評価部長(2018年3月)

※肩書は全て2019年6月現在。( )は陸将補昇任時期。

※2018年夏の将官人事で昇任した将補について、年次未確認のために追記する可能性あり。

 

以上のような状況になっており、まずは松永、徳永、堺、藤岡の4名が、36期組の中で頭一つ抜けた形になっている。

恐らく今後の陸将人事も、この4名を中心に選抜が進められていくことになるのではないだろうか。

 

濵田については、これほどにわかりやすく、そして非常に充実したキャリアを誇る高級幹部の一人である。

今後は恐らく、陸上総隊や富士学校のような、陸自大改革を中心になって担う組織での要職をさらに重ねていくことになるのではないだろうか。

改革の最前線に立ち、万全の運用を担保するポジションで今後も手腕を発揮していくであろう濵田のご紹介であった。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

 

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:陸上自衛隊第1空挺団公式Webサイト

◆濵田剛(陸上自衛隊) 主要経歴

平成

4年3月 陸上自衛隊入隊(第36期)
15年 月 3等陸佐
16年3月 第1空挺団第1普通科大隊中隊長
18年 月 2等陸佐
21年3月 第1空挺団第1普通科大隊長
23年1月 1等陸佐
23年 月 第4師団司令部第3部長 
24年8月 陸上幕僚監部運用支援情報部運用支援課第2班長
26年3月 第44普通科連隊長兼ねて福島駐屯地司令
28年3月 中央即応集団司令部防衛部長
30年3月 第1空挺団副団長
30年12月 第1師団司令部幕僚長

Pocket

2件のコメント

濱田一佐転属ですね、色々お世話に成りました、36期なんですか、もっとお歳が行っていると思ってました、この場を借りてお詫び申し上げます、1師団の幕僚長良いポストですね、更なる上を目指して頑張って下さい、御活躍をお祈りしています。

すーさんいつもありがとうございます!
1師団の幕僚長、本当に良いポストですね。
ますますのご活躍をお祈り申し上げております!

コメントを残す