岡田俊和(おかだ・としかず)|第32期・北海道補給処長

Pocket

その岡田が陸上自衛隊に入隊したのは昭和63年3月。

1等陸佐に昇ったのが平成19年7月であったので、32期組1選抜後期(1番手グループ)となるスピード出世だ。

原隊(初任地)は守山駐屯地に所在する第10輸送隊の小隊長であり、同地で初級幹部として、厳しい自衛官生活のスタートを切った。

(画像提供:陸上自衛隊北海道補給処公式Webサイト

その後、多くの幹部自衛官が思い出深い補職として話してくれる中隊長ポストは、真駒内に所在する北部方面輸送隊の第310輸送中隊長で上番。

しかしその後は職種部隊での勤務はほとんどなく、先述のように国際貢献活動の現場を次々と渡り歩いた。

そのキャリアは極めて充実しており、平成4年11月からの第1次カンボディア派遣施設大隊、11年5月からのゴラン高原国際平和協力隊、12年3月からのボスニア・ヘルツェゴヴィナ国際平和協力隊、16年6月からのイラク復興支援業務隊など、極めて厳しい現場での、輸送任務で指揮を執り続ける。

またその間、中央では陸上幕僚監部防衛部、調査部調査課、運用支援・情報部情報課、装備部計画課輸送室を経て、班長相当職は装備部装備計画課の輸送室長で着任。

また統合幕僚監部では首席後方補給官付後方補給官を務めた他、東部方面後方支援隊では東部方面輸送隊長にも上番している。

そして30年3月、陸上自衛隊中央輸送隊長兼横浜駐屯地司令で兵站の中枢とも言える重責を担うと、その後職として31年4月、陸上自衛隊北海道補給処長兼ねて島松駐屯地司令に上番し陸将補に昇任。

輸送科の幹部として、これ以上はないポジションを極めて活躍を続けている。

まさに、陸自大改革を支えるにふさわしい、非常に充実した知見を誇る最高幹部の一人と言って良いだろう。

 

では最後に、その岡田と同期である32期組の人事の動向について見てみたい。

32期組は、2019年夏の将官人事、すなわち間もなく、最初の陸将が選抜される予定の年次だ。

そのため2019年6月現在では、1選抜の幹部でも陸将補ということになる。

そしてその陸将補にある幹部たちは、以下の通りだ。

 

梶原直樹(第32期)・統合幕僚監部防衛計画部長(2013年8月)

大塚裕治(第32期)・陸上幕僚監部装備計画部長(2013年8月)

森下泰臣(第32期)・陸上幕僚監部防衛部長(2013年8月)

堀井泰蔵(第32期相当)・第5旅団長(2013年8月)

中村裕亮(第32期)・第15旅団長(2014年3月)

田尻祐介(第32期)・第12旅団長(2014年8月)

鬼頭健司(第32期相当)・東部方面総監部幕僚長兼ねて朝霞駐屯地司令(2014年12月)

木口雄司(第32期)・中部方面総監部幕僚長兼ねて伊丹駐屯地司令(2015年8月)

腰塚浩貴(第32期)・施設学校長(2015年8月)

青木伸一(第32期)・水陸機動団長兼ねて相浦駐屯地司令(2015年12月)

池田頼昭(第32期)・第10師団副師団長兼守山駐屯地司令(2016年3月)

檀上正樹(第32期)・陸上自衛隊小平学校長兼ねて小平駐屯地司令(2017年3月)

小谷琢磨(第32期)・第4施設団長(2017年8月)

斎藤兼一(第32期相当)・第7師団副師団長兼ねて東千歳駐屯地司令(2017年12月)

叶謙二(第32期)・開発実験団長(2018年3月)

佐々木俊哉(第32期)・自衛隊情報保全隊司令(2018年3月)

岩名誠一(第32期)・東北方面総監部幕僚副長(2018年8月)

岡田俊和(第32期)・北海道補給処長(2019年4月)

※肩書はいずれも2019年6月現在。( )内は陸将補昇任時期。

 

以上のようになっており、まずは梶原、大塚、森下、堀井の4名が1選抜で陸将補に昇任し、同期の最高幹部人事の中心になっている状況だ。

2019年夏の陸将人事も、おそらくこの4名を中心に選抜が進められるのではないだろうか。

 

岡田については、これほど充実したキャリアを誇る将官だ。

近年、北海道補給処長のポストはいわゆる「退職ポスト」となることが多かったが、後職ではあるいは、職種部隊の枠を超えて、さらに重要なポストに転じることもあるのではないだろうか。

 

いずれにせよ、32期組は今まさに、陸将に昇り国防に最も重い責任を担っていこうとする世代である。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

 

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:陸上自衛隊北海道補給処公式Webサイト

◆岡田俊和(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
63年3月 陸上自衛隊入隊(第32期)

平成
元年3月 第10輸送隊小隊長(守山)
4年11月 第1次カンボディア派遣施設大隊
9年8月 北部方面輸送隊第310輸送中隊長(真駒内)
11年1月 3等陸佐
11年 月 陸上幕僚監部防衛部(市ヶ谷)
11年5月 ゴラン高原国際平和協力隊(ゴラン高原)
11年12月 東チモール避難民救援国際平和協力隊(東チモール)
12年3月 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ国際平和協力隊(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
14年7月 2等陸佐
16年3月 陸上幕僚監部調査部調査課(市ヶ谷)
16年6月 イラク復興支援業務隊
18年3月 陸上幕僚監部運用支援・情報部情報課(市ヶ谷)
19年7月 1等陸佐
20年12 陸上幕僚監部装備部計画課輸送室(市ヶ谷)
22年8月 東部方面後方支援隊東部方面輸送隊長(朝霞)
24年7月 陸上幕僚監部装備部装備計画課輸送室長(市ヶ谷)
26年12月 統合幕僚監部首席後方補給官付後方補給官(市ヶ谷)
30年3月 陸上自衛隊中央輸送隊長兼横浜駐屯地司令
31年4月 陸上自衛隊北海道補給処長兼ねて島松駐屯地司令 陸将補

Pocket

コメントを残す